ファルメディコ株式会社

施設訪問 VISIT HEALTHCARE

介護施設・高齢者居宅などに<br>ハザマの薬剤師が訪問します。

ハザマ薬局では、高齢者施設へ積極的に訪問しています。
現在、介護が必要な高齢者の長期療養の場は、医療機関から在宅・介護現場へと変化しつつあります。高齢者施設ではたくさんの方が慢性期疾患をお薬で治療しています。そこで、薬剤師による薬学的な視点を治療に加えることにより、高齢者施設での医療の質が向上します。

薬剤師を十分活用できていますか?
  • 薬局はお薬を運んできてくれるだけでおわり
  • 担当の薬剤師の顔と名前が一致しない
  • 患者さんのお薬の飲み忘れ・飲み間違いがある。
  • 医師と連携が取れない。

いずれかにあてはまるようなら、それは、調剤薬局を十分に活用できていません。
下記、ご覧いただき、ぜひお気軽にお問い合わせください。

高齢者・介護施設のみなさまへのご案内 詳しくはこちらをご参照ください。

薬剤師によるお薬の効果の確認

お薬は飲んでからどのような変化が起こるかが一番大切です。
私たちは処方せんにもとづいてお薬を調剤し、高齢者施設へとお届けしますが、そこで終わりではありません。お渡ししたお薬を服用して、どのような変化が入居者様に起こるのかの確認まで行います。
お薬がきちんと飲めているか、しっかりお薬が効いているか、副作用がでていないか、入居者様を見ながら判断していきます。入居者様と直接お会いしてどのような状態だったのか、薬学的な観点からの判断を医師、ケアマネージャーなどに情報共有し、より効果的な治療を提供しています。


服薬支援

入居者様のお薬は、まとめてハザマ薬局がお届けします。お薬カレンダーにセットした状態でお届けするので、すぐに服用していただくことができます。
また、用法ごとにお薬カレンダーを色分けしたり、分包紙に患者情報を印字する等、さまざまな工夫をしていますので与薬時の間違いが起こりにくくなっています。
また、下剤など様子を見ながら服用したいお薬は、別で分包するなどの対応も可能です。

ハザマ薬局が多くの施設に選ばれる理由
  • 薬剤師としての高いスキル

    薬局3.0を実現させるため、ファルメディコでは「先進的かつ充実した薬剤師卒後教育」を行い、高い知識とスキルを有する薬剤師を育てています。
    薬剤師の育成についてはこちら

    そのため、ハザマ薬局の薬剤師は、バイタルサインチェックやフィジカルアセスメントに長けており高齢者特有の症状に関する医学的・薬学的知識があります。患者さんの小さな変化にも気づくよう、日々経験を積んでいます。

  • 医師・看護師・スタッフ・患者さんとの高いコミュニケーション能力

    医療・介護にかかわる各種制度を理解し、医師や看護師と協働している経験の豊富な薬剤師が多いため、スムーズに会話ができます。また患者さんにも日々接しているため、現場で求められる接遇やコミュニケーション能力を身につけています。

  • 開局40年の信頼と実績

    現在、ハザマ薬局の薬剤師訪問サービスは、44施設(2292名)にご利用いただいています(2016年4月の実績)。

施設訪問にてハザマ薬局が実施するサポート
  • 施設への配薬
    お薬を服用する際に間違いにくい工夫をして、介護施設までお届けします。看護師やスタッフ様はそれぞれの業務に専念できます。
  • 服薬指導
    患者さんお一人お一人に、お薬の服用方法や注意点を説明・指導します。お薬の他にも、サプリメントなどのご相談も承っています。
  • バイタルサインチェック
    直接患者さんにお会いし、血圧・脈拍・皮膚の状態・感触など、さまざまなバイタルサインをチェックし、お薬の効果を確認します。チェックから得られた情報を医師へフィードバックすることにより、治療の質を向上させています。