ファルメディコ株式会社

先輩社員の声 VOICE OF PHARMACIST

活躍する先輩社員の声を聞いてください。

安里 芳人
あさと よしと
薬剤師
2016年入社 北陸大学卒業 中途入社
ハザマ薬局 門真店勤務
業務内容
外来、施設、在宅の調剤
個人在宅やグループホームの訪問薬剤管理指導など
安里 芳人
安里 芳人
ハザマ薬局に転職したきっかけは?

以前も在宅に取り組んでいる薬局に勤務していましたが、医師や看護師との距離感があり少し疎外感を感じていました。薬剤師が医療チームの一員として活躍しているハザマ薬局のことを知り、この会社の在宅の取り組みが、自分のやりがいと一致していたのでこちらで働かせていただくことを決意しました。


安里 芳人
入社してみてどうですか?

やっぱりすごいです。薬剤師としてのレベルも高いし、パートナーも含め、地域医療に貢献するんだという志の高い人と一緒に働けるというのが自分にとって非常に励みになっています。また、従来の薬局では味わうことのできない、薬剤師と医師と看護師との密な連携がとれるので、今までよりも踏み込んだ「薬剤師の求める在宅医療がここにある」という感じです。


安里 芳人
苦労したことは何ですか?

毎日苦労しています。なぜならば、医師の往診にも同席させていただいてますが、信頼関係が築けるまでは厳しいお言葉をいただくこともありました。いきなり処方提案をしようにも聞いてもらえるような状況ではなかったので、まずは信頼関係を築くことから取り組みました。信頼関係ができてくると、患者さんの病態について教えていただいたり、医師からこの部分を注意して見てほしい、などの医学的なフィードバックもいただけるようになり、薬学しか見えていなかった視野が、病態、疾患が見えるようになり、改めて薬学的知識が深まったと感じています。


応募されるみなさまへメッセージ
安里 芳人

「皆さんは将来どんな薬剤師になりたいですか?」薬学生からは、ハザマ薬局はハードルが高く感じるということをよく耳にします。一方で私達が得意とする薬理学や薬物動態学など薬剤師が本来得意である分野がそのまま現場で発揮するだけなので、実はハードルは高くなく、とても魅力的な職場です。
大事なのは熱意と行動力です。
どうしても薬学生は失敗しちゃだめだ、間違えちゃだめだという薬に対してのこだわりが強いのですが、そこに対する恐怖心は入ってきてから慣れるしかない部分なので、知らないことを怯えるんじゃなく、どうすればもっと患者さんに寄り添えるのかということを考えられる前向きさが大事だと思います。