ハザマのパートナーの仕事とは?
HAZAMA`S PARTNER
薬剤師のパートナーとして、
地域医療を盛り上げてください!
ハザマ薬局では調剤事務のスタッフをパートナーと呼んでいます。
薬局内での外来の対応はもちろん
介護施設や高齢者のお宅へお薬を配達したり
時には施設の​患者さんやそのご家族に介護保険の説明をしたりと多岐にわたり、
薬剤師の片腕となって薬局での重要な役割を担っています。

医療やお薬に関する知識は、問いません。入社後、必要な知識は学んでいただけるよう教育制度を整えており、未経験でもすぐに活躍できる環境です。

医療にかかわる仕事ですので、コツコツ正確に行なっていただく事はもちろん、業務フローや店舗運営のアイデアをどんどん発信して形にできる面白さもあります。

医師や薬剤師が連携する『新しい医療環境』を一緒に支えてください。

パートナーの仕事のやりがい・厳しさ

在宅医療は、立地や体調の関係で薬局までお薬を取りに行くことができない患者さんのことも助けられる、細やかなサービスです。患者さんがいらっしゃる介護施設や個人宅に行くことで、「いつもありがとう」と感謝していただくことができます。自分が誰かに求められているということを、強く実感できるでしょう。

また、薬学的な知識が必要ない業務を薬剤師の代わりにパートナーがサポートすることで、薬剤師が患者さんの服薬状況を確認するための時間を確保することができます。間接的ではありますが、薬剤師が患者さんのもとで活躍することで、患者さんのよりよい生活につながっていることにやりがいを感じていただけます。

厳しい面としては、スケジュール通りに動いていけば残業はほとんどありませんが、患者さんの急な体調の変化にともない、緊急でお薬を配達しなければならないことが稀にあります。患者さんにとってなくてはならない薬ですから、早急な対応が求められます。

パートナーの具体的な業務
  • 事務作業
    処方箋の管理や各種伝票の整理、経費やレジ金などのお金の管理を行います。
  • レセプト入力
    保険請求に関わる明細書の作成を行います。薬局としての収入に直結する重要な作業です。
  • 服薬支援のサポート
    多くの​患者さんを一度に服薬させるため、お薬の取り違いや服薬漏れが起きないよう、お薬カレンダーを使用し、​患者さんのお薬を管理しています。
    薬剤師が調剤し、一包化されたお薬を、お薬カレンダーにセットします。
  • 居宅療養管理指導契約
    担当する施設に​患者さんが入居すると、居宅療養管理指導の契約を行います。
    実際に施設へ行き、​患者さんやご家族に契約内容のご説明を行い、契約を取り交わします。
    契約を行うことで、薬剤師の訪問時に居宅療養管理指導料の請求が可能になります。