パートナーインタビュー
INTERVIEW
ハザマで活躍する先輩パートナーにインタビュー
米原 梓
米原 梓
よねはら あずさ
パートナー
2014年入社 広島大学
ハザマ薬局 住之江店勤務
業務内容
事務作業、レセプト入力、服薬支援のサポート、居宅療養管理指導契約など
米原 梓
入社後イメージと違ったことはありますか?

調剤事務職として仕事のイメージはありましたが、事務職という枠を超えた仕事内容に初めは衝撃を受けました。普通の事務は受付に座って処方せんをもらって入力して薬剤師に渡して終わりだと思いますが、ハザマ薬局ではお薬の準備をしたり、介護施設や個人の患者さんの居宅に行ってお薬をセットすることもあります。


米原 梓
薬剤師との関係は?

一見上下関係のように見えると思いますがそんなことはありません。もちろん必要な指示を仰いで業務にあたりますが、ハザマ薬局の薬剤師は患者さんの居宅に行くことが多いので、こちらで先回りして仕事の準備をすることもあります。薬剤師に次にしてほしい業務や、患者さんのお薬の飲み残し状況や、処方されたお薬がいつきれるか、などの状況を伝えると「ありがとう、助かるよ」というやりとりもあり、信頼されていると感じます。


米原 梓
仕事のやりがいは?

高齢者施設や患者さんの居宅を訪問する「在宅医療」を行うには、要介護認定を受けておられる方の場合、居宅療養管理指導の契約が必要になります。その契約はパートナーが担当していますが、実は契約に一番やりがいを感じています。ハザマ薬局では「在宅医療」に非常に力をいれており、在宅医療を通じて地域のみなさんにより良い医療を提供していきたいと考えています。ですから、契約をすることによって、薬剤師の、もっと言えばハザマ薬局の仕事の土台を作っていると考えています。最初は契約が苦手でしたし、今でも緊張することはありますが、すごく重要な仕事だと思っています。


応募されるみなさまへメッセージ
米原 梓

事務職といってもデスクワークメインではありません。薬剤師とタッグを組んで働くには、計画性・行動力・積極性・協調性など様々な要素が求められます。もちろん医療人として、明るく礼儀正しい対応や笑顔・気遣いなども重要です。しかし、事務職の枠を超えた様々な経験を積めることがこの仕事の魅力だと思います!そして、さまざまな場面でやりがいを見出せる仕事でもあります。一緒に薬剤師のベストパートナーを目指しましょう!