薬剤師インタビュー
INTERVIEW
ハザマで活躍する先輩薬剤師にインタビュー
石山 芽衣
石山 芽衣
いしやま めい
薬剤師
2017年入社 神戸薬科大学
ハザマ薬局 加美南店勤務
業務内容
外来、施設の調剤
高齢者介護施設の訪問薬剤管理指導など
石山 芽衣
ハザマ薬局でのやりがいは?

ハザマ薬局では、一年目から在宅に携わることができます。なぜなら、パートナーさんがいることで薬剤師が薬剤師として働くことができる環境があるからです。薬剤師が薬局を飛び出し患者さんのもとへ出向き、様々な方法で情報を収集し、薬局に帰ってアセスメントする。そんな薬剤師にしかできないことができる環境があることで、患者さんを継続してしっかりとみることができるところがハザマ薬局でのやりがいだと思います。


石山 芽衣
一年目から在宅の現場で活躍できますか?

活躍できます。私は一年目の夏頃から施設をひとりで担当し始めましたが、最初は自分にできるのだろうかと不安な気持ちでいっぱいでした。担当し始めて数ヶ月経った今でも、その不安は拭えていません。現場に出る上で必要なものは、やる気、元気、知識です。必要な知識とは、大学で学んできた薬学の専門知識です。その他、先輩薬剤師の先生方の経験知識を教えていただきながら、日々患者さんをみています。実際に患者さんをみて薬の謎解きをするのは複雑で一筋縄ではいかないですが、患者さんの笑顔を想像すると、患者さんをよくしたいとモチベーションを保つことができます。ハザマ薬局にいる薬剤師の先生方は志の高いやる気のある方ばかりなので、一年目であっても助けていただきながら、しっかりと患者さんをみることができます。


石山 芽衣
実際に薬剤師として働き始めてどうでしたか?

私が学生の頃に感じていたように、またそれ以上に薬剤師として医療に携わることは難しくて大変であると感じています。薬剤師の専門性を発揮するために大学で学んだ知識をフル活用する日々で、毎日頭がいっぱいいっぱいです。薬学の知識を目の前の患者さんに落とし込むには、薬理学、薬物動態学、製剤学などの知識を複合的に考える必要があります。それは、どれだけ知識をもっていたとしてもそう簡単に問題の解決策を導き出すことはできません。学生の頃は知識さえもっていれば、と思っていましたが、そうではないところに薬剤師という職種の難しさを感じています。しかし、その専門的な部分を妥協せずに勉強し、考え、薬剤師としての解決策を提示することで、薬剤師として患者さんの薬物治療の質の向上に貢献できていると感じることができます。投げ出したくなるときもありますが、自分の目の前に困っている患者さんがいるので、患者さんをよくしたいという思いから自分を奮い立たせています。そして何より、今薬剤師としてやりがいをもって働くことができていると感じています。


応募されるみなさまへメッセージ
石山 芽衣

私は学生の頃、薬剤師としての将来に不安を抱いていました。調剤の機械化が進んでいく先、薬剤師は必要なのだろうか。今学んでいる薬学の知識は必要なのだろうか。そんなことを思うと、自分は薬剤師を目指していいのだろうか、と目の前が真っ暗になったような気持ちでした。そんなとき、ハザマ薬局に出会い、薬剤師として医療に貢献したいと強く思い、希望に満ち溢れた気持ちに変化しました。その根源は、薬剤師にはまだまだ薬剤師にしかできないことがある、ということです。薬学を知っているのは薬剤師であり、薬剤師にしか導き出せない医療の答えがたくさん存在しているはずです。その答えを知らないまま医療を受けている患者さんのことを想うと、薬剤師として患者さんの役に立ちたいと思うことができます。

薬学生のみなさんの中には、学生の頃の私と同じような気持ちを抱いている方がたくさんいると思います。そんなみなさんには、ぜひ大学の外に出て、実際に働いている薬剤師の先生方との交流や、現場の様子を間近でみる機会を設けてほしいです。私はハザマシップに参加したとき、患者さんをみる薬剤師の先生方の姿を目の当たりにし、感激したことが今ハザマ薬局で薬剤師として患者さんをみるようになった理由のひとつです。

ハザマ薬局で働く薬剤師の姿をみることをきっかけに、私と同じように、薬剤師として患者さんをよくしたいと思う未来の薬剤師の方々と出会えることを楽しみにしています。