薬剤師インタビュー
INTERVIEW
ハザマで活躍する先輩薬剤師にインタビュー
上野 隼平
上野 隼平
うえの じゅんぺい
薬剤師
2016年入社 神戸薬科大学卒業
ハザマ薬局 茨木彩都店勤務
業務内容
外来、施設、在宅の調剤
個人在宅やグループホームの訪問薬剤管理指導など
上野 隼平
入社された理由は?

患者さんにお薬をお渡ししてからしっかりフォローするという会社の方針が、自分の中で薬剤師の仕事として一番大事にしたい部分とマッチしていたのでハザマ薬局を選びました。
また、実際にハザマ薬局で働かれている薬剤師の先輩たちのお話を聞いた際に、モチベーションの高さや熱意を感じられたことも大きな理由です。


上野 隼平
嬉しかったことは?

訪問にいった際に、聞き取りした情報から処方を医師に提案し、その処方で患者さんが元気になり、「あなたのおかげで良くなったよ」と言ってもらえたことです。
今でも、施設に訪問した際には、患者さんの方からこちらに来られて、「今日は来てくれないの?」と毎回声をかけて下さいます。


上野 隼平
自分の将来の薬剤師像は?

体調の聞き取りを行うだけでなく、日常の何気ない会話から患者さんのコミュニケーションを行っていくことで、生活状況を把握する。そういった面から処方内容の検討を行っていき、患者さん個々に合わせた医療を提供していきたいです。
1人でも多くの患者さんに「ありがとう、あなたのおかげで良くなった」と言ってもらえる薬剤師になりたいです。


応募されるみなさまへメッセージ
上野 隼平

何事もチャンス。来るもの拒まずでチャンスをつかんでいけば、結果的にはいい方向に進んでいくはずです。
初めは何事も失敗することが多く、悩んでしまうこともあると思いますが、自分一人で働いているわけではないので、他の人たちと支えあっていけば良いと思います。
ぜひ同じ薬剤師として一緒に働きましょう!